Google Apps Script スクリプトを実行してみよう

Google Apps Script

こんにちは、ばばーるです。

スポンサーリンク

前回のおさらい

前回はGoogle Apps Scriptの新規ファイル作成を行いました。

  • Googleドライブ上でGoogle Apps Scriptを選択
    とりあえず3つの箇所だけ覚えておけばいい

今回は簡単なスクリプトを書いて、動かしてみましょう。

実行結果をログで出力する

さっそく、以下のスクリプトを書いてみてください。(コピペも出来ます)

function myFunction() {
  let i = 2;                //1行目
  Logger.log(i);            //2行目
}

このスクリプトはiに2を代入して、そのiをログ出力しています。

1行目: letという言葉で、今からiというiという変数を宣言し、iに2を代入する
プログラムは計算を行うものなので、数学のy=f(x)のように関数:f()や変数:xが必要になります。上記スクリプトの let i は「今から変数:iを使いますよ」と宣言しています。このiはxでも、aでも(組み込み関数)以外の名前なら何でも構いません。
i=2で「iは2ですよ」と数字の2としてiを扱うように指定しています。

2行目: Logger.log()という関数でiの中身をログ出力する
Logger.log()はスクリプトの計算が正しいかどうか、結果を出力する関数です。Logger.log()関数の中にiを代入することで、上記のスクリプトの場合、iに何が入っているのかを確認することが出来ます。

スクリプトがかけたら実行(再生ボタン)を押してみましょう。
次に表示からログを選択してみてください。

以下のログが出力されていたら、無事にスクリプトを実行出来ました。

まとめ

今回はスクリプトを実行して、結果をログ出力しました。

  • スクリプトは関数と変数で動かす
  • ログ出力された結果は”表示”のログから確認できる

次回はスクリプトの書き方をご紹介します。

ちょっと勉強してみよう

当ブログでは「プログラムとは何者なのか?」については説明しない予定です。
もし、「プログラムとは何者なのか?」について知りたい方には以下の書籍をおすすめします。

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ) | 清水 亮 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで清水 亮の教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)。アマゾンならポイント還元本が多数。清水 亮作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識 | 矢沢 久雄, 日経ソフトウエア | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon
Amazonで矢沢 久雄, 日経ソフトウエアのプログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

プログラミングについての読み物なのでパソコンを用意する必要はありません。
もしかしたら、少し難しいと感じるかもしれませんが「プログラミングは実践あるのみ!」なので、ざっと読む感じで良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました