Google Apps Script スプレッドシートからスクリプトを立ち上げる方法

Google Apps Script

こんにちは、ばばーるです。

スポンサーリンク

前回のおさらい

前回はスプレッドシートのシートにアクセスする方法をご紹介しました。

  • getActiveSheet(): アクティブなシートへアクセスできる
  • getSheetByName(name): シートnameへアクセスできる
  • getSheets(): シートの番号からアクセスする

今回はスプレッドシートからスクリプトを立ち上げる方法をご紹介します。

スプレッドシートからスクリプトを立ち上げる

まずはドライブからスプレッドシートを立ち上げます。(Googleスプレッドシートをクリックします)

立ち上がったら「ツール → <>スクリプト エディタ」をクリックします。

すると以下の様なスクリプト画面が立ち上がります。

この3ステップだけです。

Google Apps Scriptから新規作成するのと何が違うのか?

スプレッドシートから立ち上げると、スクリプトとスプレッドシートが一対になっているのがわかるので、そのスプレッドシートだけで他の人とやり取りするなら分かりやすいですね。

しかし、スプレッドシートを削除してしまうとスクリプトも削除してしまうので注意する必要があります。

状況に合わせて使い分けるといいでしょう。

スプレッドシートにアクセスする2つの方法

getActive( ): 現在のアクティブなスプレッドシートを返します。例えば、SpreadsheetAppとgetUrl()でログを出力すると、スプレッドシートのURLを返します。

function myFunction() {
  Logger.log(SpreadsheetApp.getActive().getUrl());
}

getActiveSpreadsheet( ): 現在のアクティブなスプレッドシートを返します。例えば、SpreadsheetAppとgetUrl()でログを出力すると、スプレッドシートのURLを返します。

function myFunction() {
  Logger.log(SpreadsheetApp.getActive().getUrl());
}
たぬきさん
たぬきさん

えっ!?

全く同じこと言ってるじゃん!

GAS
GAS

そうだよ。

たぬきさん
たぬきさん

???

何か違いはあるの?

GAS
GAS

ないっす。

呼び方が違うだけだから、好きな方使ってください。

たぬきさん
たぬきさん

そうなのか…

まとめ

今回はスプレッドシートのシートにアクセスする方法をご紹介しました。

  • スクリプトはスプレッドシートからも立ち上げることができる
  • getActive()、getActiveSpreadSheet()でスプレッドシートにアクセスできる

次回はスプレッドシートの指定されたセルの範囲にアクセスする方法をご紹介します。

Google Apps Script スプレッドシートの指定されたセルの範囲にアクセスする方法
こんにちは、ばばーるです。前回のおさらい前回はスプレッドシートのシートにアクセスする方法をご紹介しました。スクリプトはスプレッドシートからも立ち上げることができるgetActive()、getActiveSprea...

コメント

  1. […] Google Apps Script スプレッドシートからスクリプトを立ち上げる方法今回はス… […]

  2. […] Google Apps Script スプレッドシートからスクリプトを立ち上げる方法今回はス… Google Apps Script スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー ばばーるをフォローする ばばーる Google Apps Scriptでできること […]

タイトルとURLをコピーしました