Google Apps Script

Google Apps Script

第1話 毎週メールを自動送信したい 〜その3 sendEmailのオプション〜

GmailのsendEmailのパラメータ(オプション)機能についてご紹介しています。 今回の記事を読めば、パラメータの内容は一通り理解できると思います。
Google Apps Script

第1話 毎週メールを自動送信したい 〜その2 メールの文章を整える〜

他にもメールの文章を整えるためのhtmlの書き方はあるのですが、今回は htmlBodyオプションを使うと文章をhtml表現で整えることができる
その際に、Bodyは空白にしておく
文章は+= もしくは + でつなげることができるを紹介しています。
Google Apps Script

第1話 毎週メールを自動送信したい 〜その1 sendEmailでメールを送る〜

メールを送信するスクリプトはたった1行のコードでOK。 GmailApp.sendEmail('送信先', '件名', '本文');でメール送信出来ます。
Google Apps Script

Google Apps Script getLastRow()とgetLastColumn()

今回はgetLastRow()とgetLastColumn()をご紹介しました。 getLastRow()とgetLastColumn()で最終行と最終列をカウントできる getRangeと一緒に使うと便利
Google Apps Script

Google Apps Script Const、let、varについて

今回は変数宣言のConst、let、varについてご紹介しました。 constは再宣言、再代入が禁止されています letは再宣言は禁止されており、再代入のみ可能です varは再宣言、再代入が可能です
Google Apps Script

Google Apps Script setFormula スプレッドシートに数式を入力してみる

今回はsetFormulaをご紹介しました。 setValueと同様にsetFourmulaでスプレッドシートに数式を挿入することができる A1表記とR1C1表記の2つの書き方がある 2次元配列で複数の式を挿入することができる 複数の式を入れる場合は配列とセルの指定範囲の数が一致しないといけない
Google Apps Script

Google Apps Script setValue(s) スプレッドシートのセルに値を入力する

今回はsetValue(s)について説明しました。 setValues: 複数セルの範囲を指定して、そのセルに2次元配列を入力する setValue: 範囲の先頭の値を入力する getRangeの範囲を指定すればスプレッドシート上の好きな場所に値を入力できる setValueには数式も代入できる(setFormulaという関数もある)
Google Apps Script

Google Apps Script 配列とgetValue(s)

配列とgetValue(s)について説明しました。 ・[ ]は配列 ・計算はスプレッドシート上ではなく、出来るだけ配列を使ってプログラム内で処理する。 ・Google Apps Scriptは6分以上動かない ・getValue(s)は0から数えはじめる ・getRangeは1から数えはじめる
Google Apps Script

Google Apps Script for文でセルの値を取得する

for文は反復処理を行うための構文です。 for文を使うことでスプレッドシート上のセルの値を取得することができます。
Google Apps Script

Google Apps Script スプレッドシートの指定されたセルの範囲にアクセスする方法

こんにちは、ばばーるです。 前回のおさらい 前回はスプレッドシートのシートにアクセスする方法をご紹介しました。 スクリプトはスプレッドシートからも立ち上げることができるgetActive()、getActiveSprea...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました