Flask Web Development P75~85 Summary 3

Flask
スポンサーリンク

Launch Script

import os
from app import create_app, db
from app.models import User, Role
from flask_migrate import Migrate

app = create_app(os.getenv('FLASK_CONFIG') or 'default')
migrate = Migrate(app, db)

@app.shell_context_processor
def make_shell_context():
   return dict(app=app, db=db, User=User, Role=Role)

@app.cli.command()
def test():
   """Run the unit tests."""
   import unittest
   tests = unittest.TestLoader().discover('tests')
   unittest.TextTestRunner(verbosity=2).run(tests)

if __name__=='__main__':
   app.run()

・コマンドラインの操作を行うflask-scriptモジュールは、clickというのが使われているようです。

clickのページ

Welcome to Click — Click Documentation (8.0.x)

FlaskのCommand Line Interfaceについてのページ

Command Line Interface — Flask Documentation (2.0.x)

Requirements File

アプリケーションを作成した時はrequirementsという開発環境がわかるテキストファイルを残しておきます。
これがあればほかのマシンでも同環境を構築してアプリケーションを動かせます。

andcondaでは以下のコマンドで自動作成されます。

> conda env export > requirements.yml

ちなみに環境構築する際には以下のコマンドを使用します。

> conda env create -f requrements.yml
yamlに書いた条件でAnaconda仮想環境をつくる - Qiita
複数マシンにpackageバージョンを合わせてインストールしていくのは結構面倒ですが、幸いなことにconda createコマンドはyamlファイルに条件を書いておいて、まとめてインストールすることが出来ます。 yamlファイルか...
Amazon | Flask Web Development: Developing Web Applications with Python | Grinberg, Miguel | Software Development
Amazon配送商品ならFlask Web Development: Developing Web Applications with Pythonが通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Grinberg, Miguel作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

前回の記事はこちら

次回の記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました