書評

変わるのに必要なのは行動力

アドラー心理学をベースにした行動と人生について熱く語り、目標達成も新週間も思いのままに実現する実用書。本気で変わりたい人の行動イノベーション大平 信孝 著 読みやすさ: お役立ち度: 文章の長さ: アドラーっ...
書評

人はそう簡単には変われない、でも変わりたいんだ!

「正解を出す力」にもはや価値はない!情報社会時代にどのように生きれば良いのか?それを知りたければこの本を読みましょう。ニュータイプの時代山口 周 著 ニュータイプの人: オールドタイプの人: 真ん中の人: ...
書評

ほぼスター・ウォーズ

ハーバード大学ロースクール教授が真面目にそして陽気にスター・ウォーズと法学と行動経済学を用いて世界について語った本スター・ウォーズによると世界はキャス・R・サンスティーン 著山形 浩生 訳(←訳者あとがきが面白い) ...
書評

正直、この本を読まないと人生の半分くらい損しますよ

人はいかにして他人に影響を与え、他人から影響を受けているのか。名門大学の認知神経科学者が教える。人の動かし方ニューヨーク・タイムズ、フォーブスほか、多数のメディアで年間ベストオブ・ブックにノミネート。イギリス心理学会賞受賞。 「なぜ...
書評

権力と握る人生は幸せか?

組織行動学の教授が自信を持って全ての人に「権力志向」を進める本。この本は、権力を握りたい人だけでなく、権力を持っていない人へ強く権力の勧めを書いた指南書だ!!!「権力」を握る人の法則ジェフリー=フェファー (Jeffrey Pfeffer...
書評

マーケティングと行動経済学が融合した本

行動経済学を実際にマーケティングに活用したらどうなるかをストーリーとともに紹介している本。3回読むことをおすすめします。1回目はストーリー理解、2回目はマーケティングと行動経済学の理解、3回目は自分の価格戦略にチェックシートで本の内容を落...
書評

行動経済学用語まとめ その2

行動経済学用語のまとめを書いておきます。ご参考になれば。 最初に見た数値や情報が印象に残り、それが基準点(アンカー)となって、その後の判断が左右される心理現象を「アンカリング効果」と呼ぶ。 最大利潤を探求し、購...
書評

行動経済学が難しい?それじゃあ最初の一冊はこれ

経済学という学問の中に「行動経済学」という分野がある。行動経済学は簡単に言うと経済学と心理学の間の学問で、専門書やら論文やらは難しいが、その内容においてはマーケティング、セールスはたまたランチメニューを選ぶなど私生活において活用できる場面...
ブログ

行動経済学用語まとめ その1

行動経済学の逆襲 リチャード=セイラー著に載っていた経済用語と個人的に響いた文章をまとめました。皆さまのお役に立てればと思います。 P22 エコン:「ホモエコノミカス」の略。エコンのいる架空の世界と、...
書評

行動経済学の教科書といっても過言では無い

外国人作家特有の言い回しと文章の長さによる大変さはあるけれど、行動経済学の重要な概念が網羅されており、入門書でもあるが同時に教科書にしても良いのではと思う内容でした。 読みやすさ: 文章の長さ: 分かり易さ:おもしろさ: 買いたい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました